非表示

山内一家で地元に新しい風を!愛媛県宇和島市遊子にて高級きぬ青のり生産にかける想い

みなさま、【高級きぬ青のり】をご存じでしょうか。

今回、愛媛県宇和島市遊子(ゆす)で、高級きぬ青のりを作る山内満子さんに、想いや背景をお伺いさせて頂きました。

愛媛県宇和島市遊子(ゆす)という地域

愛媛県宇和島市遊子では漁業が盛んで、真鯛養殖では愛媛県トップクラスの生産量を誇る地域です。

しかし、地域産業である真鯛養殖も餌代の高騰や販売価格の低下が起きています。

真鯛養殖を生業をしている山内家もそのひとつ。

バブル崩壊後、約30年くらい前から徐々に衰退がはじまり、危機的状況が目前に迫りつつある状況なんです。

この遊子を次の世代以降へつなぎたい

そもそも遊子のメイン産業である真鯛養殖は、浜値があるため自分たちで値段が決められません。
浜値が上がったり下がったりの乱高下で、出荷すれば出荷するほど赤字になることもあります。

次世代にとって魅力的な産業がない状態では、子供たちが出て行ってしまう懸念が山内さんにはありました。

満子さん
満子さん
遊子は海もあり、山もあり本当に良いところなんです。
息子夫婦、孫世代とこの遊子を守っていきたいという思いがあります。

そこで、遊子で新しい魅力のある産業を興すべく、満子さんは動き始めました。

新しい産業で子供達や遊子に希望を

海の環境悪化に左右されない陸上養殖という遊子の土地に合った新しい産業を、探していた所、スジアオノリと出会います。

長男の歌吉さんがスジアオノリに興味を持つ姿を見て、やってみようと。山内家の新事業が動き始めました。

↑スジアオノリの赤ちゃんを見守る山内家長男:歌吉さん

初めの3年間は苦戦の連続

スジアオノリが生息できる大きな河川が無い遊子という地域で、養殖するという前例も少ない事業。

しかも、スジアオノリ生産は、近年の気候変動の影響で激減しているタイミングでした。

満子さん
満子さん
遊子の井戸海水ですじ青のりが育つことがわかったときは嬉しかった。収穫したすじ青のりが絹糸のように綺麗だから「きぬ青のり」と命名しました。

しかし、商品化するまでに数々の問題が発生しました。

種が取れない。育たない。色が良くない。など施設を作った後も苦難の連続でした。

試行錯誤を重ね、3年もの年月をかけようやく納得のいく商品になりました。

3年越しの赤字からの復活

満子さん
満子さん
試行錯誤が続き、3年かけて安全安心な商品として納得のいく品質で量産化体制が整いました。
その間に次男の丈二さんも遊子に戻ってきて、長男のお嫁さんが東京からきて・・・
賛同して一緒に作る若い家族が増えたからこそ、できる品質でした

と、ようやく事業も軌道に乗り始めた矢先でした・・・

事業が動き始めた矢先のコロナ禍による打撃・・・

今まで赤字だった事業もようやく商品化ができ、これから黒字化を目指し頑張っていた矢先のコロナ禍・・・

青のりの生産も一時ストップし、在庫も抱えました。。。しかし満子さんは前向きでした!

満子さん
満子さん
正直がくっと来ました・・・でも、諦めたら終わりだ!これも運命!と前向き諦めたら終わり!諦めない精神で頑張りました!

「乳幼児の孫が食べても大丈夫」を基準に

山内さんは、「乳幼児の孫が食べても大丈夫を基準に」生産しています。

また、天然の青のりとは違い、岩盤でろ過した海水で育てるため甲殻類アレルギーの心配もありません

※↓甲殻類アレルギーフリーの仕組み (歌吉さんの奥様によるわかりやすい図)

安心安全なきぬ青のりを手作業にて

安心安全を心がけ、全て手作業できぬ青のりの生産を行っています。

胞子(種)を採るところから全て手作業。

特に、外の養殖タンクは40個以上の小ロットにして成長させているところが特徴です。

大きいタンクでの大量生産と違いかなりの手間がかかりますが、細かく管理しているからこそ、安全安心なきぬ青のりが出来きます。

SDGs(持続可能な開発目標)にも対応しているきぬ青のり

また、山内家のスジアオノリ陸上養殖は、SDGs(持続可能な開発目標)にも対応しています!

今までは、1kgのマダイを育てるのに、エサになる小魚が2.7kgも必要で少なからず海の環境も汚染してしまうというSDGsにも逆らうものでした。

対して、スジアオノリの陸上養殖に必要なのは、地下から汲み上げた海水と太陽光、あとほんの少しの電気だけという好循環を生み出しています。

SDGsの17の大きな目標である「海の豊かさを守ろう」を体現していると言えます!

きぬ青のりは香りが抜群!!!

今回のきぬ青のりは、【てもみ】、【粉末】、【微粉末】と三種類あります!

各種類の使用例をお写真で掲載いたしましたので、ご参考になれば幸いです。

下記お写真以外にも、きぬ青のりに合うお料理の組み合わせを、見つけるのも楽しみの一つだと思いますので、ぜひお楽しみください!!

高級きぬ青のり【手もみ】ご紹介

こちらきぬ青のり【手もみ】になります!

ご覧の通り、きぬの糸のような形をしています!

見た目からは想像できない、柔らかいくちどけを感じることができます!

きぬ青のり 手もみ セット

■てもみ きぬ青のり 3g:800円

■てもみ きぬ青のり 3g×3袋:2,200円→200円お得です!

■てもみ きぬ青のり 3g×6袋:4,000円→800円お得です!

↑クリックできます

高級きぬ青のり【粉末】のご紹介

こちらきぬ青のり【粉末】になります!

粉もんや麺類にはもちろん合いますし、ふりかけ感覚でご飯ものにもお使いもいただけます!

使い勝手に関しては、一番です!

きぬ青のり 粉末 セット

■粉末 きぬ青のり 10g:1,200円

■粉末 きぬ青のり 10g×3袋:3,300円→300円お得です!

■粉末 きぬ青のり 10g×6袋:6,300円→900円お得です!

↑クリックできます

高級きぬ青のり【微粉末】のご紹介

こちらきぬ青のり【微粉末】になります!

きぬ青のりの細胞が破壊されたときに一番香りが出ますので、細かく粉砕された【微粉末】は強く香りを感じることができます

お料理に混ぜるように使用する際には、【微粉末】は最適です!

口残りも少ないため、心配することなく赤ちゃんやご高齢者の方にも安心して楽しむことができます!

きぬ青のり 微粉末 セット

■微粉末 きぬ青のり 5g:800円

■微粉末 きぬ青のり 5g×3袋:2,200円→200円お得です!

■微粉末 きぬ青のり 5g×6袋:4,000円→800円お得です!

↑クリックできます

高級きぬ青のり3種セットのご紹介

いままでご紹介させて頂いた【手もみ】【粉末】【微粉末】のセット商品になります!

全てお楽しみいただきたい方におススメです!

きぬ青のり3種類セット

■きぬ青のり3種類セット:2,200円

■きぬ青のり3種類セット各2袋:4,200円→200円お得です!

↑クリックできます

ご不明な場合はこちらからお問合せ下さい。

↓↓↓↓↓

友だち追加

わけたよろこびは2倍のよろこびになる

 

満子さん
満子さん

一番の想いは、この遊子に産業を作り未来の世代にこの遊子を受け継ぐ事。

孫世代や未来にも遊子の良さを伝えられたら嬉しい限りです。

また、可能性を信じてゼロから始めた、きぬ青のり事業。きぬ青のりの新しい可能性を一緒に応援してくれる人、こんな料理、こんな使い方があるよと生産者の私たち自身が気づいていないきぬ青のりの魅力をシェアしていただけるととても嬉しいです。

美味しいものを食べると、自然と口元がほころんで笑顔になっていく、そんな笑顔の環が世代を越えて広がっていくことを目指しています。

今日も『わけたよろこびは2倍のよろこびになる』を企業理念に頑張ります。

SNSで現地からの情報をお届け

LINEからご注文やお問合せ頂けます♪
旬な先行情報もお届けしてます😊
↓↓↓↓
友だち追加

こだわりの商品や作り手の想いを伝えたい!
という生産者様を募集中🤣
↓↓↓↓
お問合せフォームよりお気軽にメッセージ下さい♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です