非表示

黒木さん(59歳)の甘夏が破棄寸前・・・ほぼ半額でお出しします。

PR

今回は、愛媛県中島のベテラン生産者・黒木(くろき)さん(59歳)の甘夏が余ってます。

昨今、人気品種に注文が流れてしまい、丹生込めて作られた甘夏がまだ2tほど残っています。

生産者である黒木さんの想い

丹生込めて作られた甘夏が誰の手にも渡らず破棄されてしまうということは、生産者である黒木さんにとってはとても辛い事なんです。

黒木さん
黒木さん
やはり1年かけて丹生込めて作った甘夏が誰の手にも渡らず食べてもらえない事に心が痛いんです。生産者にとっては大事に育てた我が子を捨てられてしまうような気持ちで・・・

破棄寸前の甘夏を格安提供

そこで、今回トドクヨでは、黒木さんのお気持ちを少しでも汲めたらと思いこのような企画をさせて頂きました。

もちろん利益度外視で最大でほぼ半額に近い形でのご提供とさせて頂きます。

送料無料です(北海道・沖縄を除く)

黒木さんの甘夏・価格表

※大小バラバラサイズになります。

※配送には10日程度お時間を頂きます。

2kg(6〜12玉前後):3,100→2,600円

4kg(12〜24玉前後):5,300円→3,600円→約30%割引

9kg(27〜54玉前後):9,000円→4,900→ほぼ半額

↑クリックできます

 

最新の入荷情報はLINEでも配信しています!ご注文やお問合せもこちらから可能です!

↓↓↓↓↓

友だち追加

大きく育った、樹齢50年「甘夏の木」

まず驚いたのは、甘夏の木の大きさ

その伸び伸びとした木々の大きさには、歴史、そして黒木さんのこだわりが沢山詰まっていました。

黒木さん
黒木さん
ものすごく、大きな樹でしょ?うちの父親が植えてからずっと育ててきたから、もう樹齢は50年を超えるくらいになるんだ。
トドクヨ
トドクヨ
50年ですか!長い歴史が詰まっているんですね…!ちなみに樹齢って、味にも変化が出るものなのですか?
黒木さん
黒木さん
全然違うよ。樹齢は重ねるほど味がまろやかになるからね。若木の甘夏は水っぽくて薄いけど、10年目位から味が本調子になる。そこからはどんどん美味しくなってくんだ。

まるで子育てのようにじっくり向き合い、50年という気の遠くなるような長い月日を経て、美味しい甘夏を作っているのだそう!

黒木さんの甘夏の木は、50年前からあるなんて思えないほど元気に伸び伸びと育っています。

黒木さん
黒木さん
収穫の時に手が届くよう剪定で樹を小さく抑えて栽培する農家さんも多いけど、うちはあんまり樹を抑え込まないようにして、枝が伸びるまま伸ばしてるからね。そのほうが自然な育ち方になって美味しいんだ。
トドクヨ
トドクヨ
でも、手が届かないと大変なんじゃないですか…!?💦
黒木さん
黒木さん
もちろん大変だよ。わざわざ脚立を使って、一人で1つひとつ丁寧に収穫しているからね。だけど親父の代から育ててきた甘夏の木を伸び伸び育てることがこだわりだから、頑張ってるよ。

脚立にのぼり、1つひとつ手で収穫する黒木さん

黒木さんは数年前まではお父様と一緒にされていたそうですが、お父様がお身体を悪くされてからは、農園を守るため一人で全ての作業をやられているのだそう…

美味しい甘夏を守り続けるために、気の遠くなる作業も厭わず、努力し続ける黒木さんの情熱を感じました。

ご注文やお問合せはLINEからもお受けしております。

↓↓↓↓↓

友だち追加

「安全なものを食べてほしい」という黒木さんの想い

黒木さんにお話をお伺いしていくと、お客さんへ安全なものを届けたいというこだわりも人一倍お持ちでした。

黒木さん
黒木さん
うちの畑では、お客さんには美味しくて安心できるものを届けたいから、除草剤以外の農薬は全く使わないんだ。
トドクヨ
トドクヨ
つまり防虫剤なども使われていないということですよね…?虫の被害など、大変ではないですか?
黒木さん
黒木さん
もちろん薬を使わないから、害虫被害は大変だよ。虫がついたところはその枝ごと切り落とすことになるから、とにかく手間はかかる。せっかく育てた枝も切らなくちゃいけないこともあるから、収穫量も下がるしね。

イセリアカイガラムシにより害虫被害/スス病にかかってしまった甘夏

また、黒木さんの農園は実を落ちにくくするためのホルモン剤(農薬)も使わないので、完熟期が近づくにつれて熟れた実がどんどん落ちてしまいます。

熟して落ちてしまった甘夏

落ちて傷がついたものは雑菌が入ってしまうので、出荷すらできなくなってしまうのだそう…💦

ヘタ落ちして一部が腐ってしまった甘夏

トドクヨ
トドクヨ
農薬を使わない、ということはとても大変なことなのですね・・・
黒木さん
黒木さん
そうだね。それにうちは殺菌剤も使わないから、害虫被害だけじゃない。枯れ枝で増殖した菌が雨のしずくに混ざって垂れ落ちて果皮にダメージが加わるから、それでダメになってしまうものも多いんだよ。自然の摂理だから、仕方ないんだけどね。

果皮にダメージが加わり、進行した状態。

黒木さん
黒木さん
だけど樹にとっても、お客さんにとっての安全も、農薬を使わないで育てる方が全然いいからね。伸び伸びと育てることもそうだし、自然の流れを止めないことや、自然自体も大切に考えながら甘夏を育てるのが、自分のやり方なんだ。

黒木さんの甘夏は農薬を使っていないので、皮の表面に黒点がある。これは安全な証拠で、人体への影響はない。

昨今「無農薬」という言葉はよく耳にしますが、実際に農薬を極力使わずに生産するということは、手間も気が遠くなるほどかかるもの。

沢山甘夏がなったとしても、収穫まで行かずダメになってしまうものも沢山あるからです。

ですが、その手間暇をかけたり収穫量を減らしてでも「安全を届けたい」という思いで懸命に黒木さんは甘夏を作っています。

黒木さんの甘夏は、沢山の想いを抱え苦境を乗り越えてできた甘夏なのです。

ご注文やお問合せはLINEからもお受けしております。

↓↓↓↓↓

友だち追加

美味しく作るために、海の恵みを活かした独自の製法

実は、半農半漁で漁業もしている黒木さん。

甘夏作りに海のめぐみを生かした独自の製法にもこだわりがありました!

トドクヨ
トドクヨ
海の恵みを使ってとなると・・・どんなこだわりがあるんですか?
黒木さん
黒木さん
うちの甘夏は肥料にもすごくこだわっていてね。実は有機100%の魚粉で育てているんだよ。
トドクヨ
トドクヨ
魚粉ですか!?魚粉を使って作った甘夏なんて初めて聞きました!

黒木さんが使用する100%の魚粉(魚ぼかし)

とにかく海のものにはミネラルがたっぷり含まれているので、味に深みとコクが出るのだとか!

春先には海岸に打ち上げられた海藻を乾かして、有機質やミネラルの補充のために畑に入れることもあるのだそう。

海が荒れたあとに浜に打ち上げられるホンダワラなどの海藻

黒木さん
黒木さん
僕は海の仕事もしてるから、栄養たっぷりの海産物の価値もよく知ってる。だから漁業を甘夏作りにも活かすようにしてるんだ。美味しいものを作りたいからね。
トドクヨ
トドクヨ
黒木さんの海の知識と、海の恵みがたっぷり詰まっているんですね…!

さらに、黒木さんの甘夏畑は夕方は肥料だけでなく、潮風、そして海の照り返しまで、海の恵みに溢れています。

日の入り間際まで燦々と日の光が降り注ぐ甘夏畑

味のチェックも、作業の合間に日々チェックされているのだとか。繰り返し変化を見極めることで、出荷時期を定めているのだそう!

黒木さん
黒木さん
この白い綿の部分も一緒にかじると、味が濃くて美味いんだよ!

と、黒木さん。

大切に作った甘夏を、長年かけて培った感覚で1番おいしいタイミングを見極めて収穫をする。これは、一朝一夕にできることではありません。

黒木さんの甘夏は、これまでの叡智と努力の結晶なのです。

病害虫で樹ごと枯れていくこともあるものの、それも自然循環の一部だと考え、手間がかかっても安全で美味しい甘夏を作る黒木さん。毎年の甘夏の実りを楽しみに、甘夏畑を守り続けています。

SNSで現地からの情報をお届け

LINEからご注文やお問合せ頂けます♪
旬な先行情報もお届けしてます😊
↓↓↓↓
友だち追加

メールでのお問合せはこちら
↓↓↓↓↓

電話でのお問合せはこちら
↓↓↓↓↓

スマホ用のフローティングバナー

 

こだわりの商品や作り手の想いを伝えたい!
という生産者様を募集中!
↓↓↓↓
お問合せフォームよりお気軽にメッセージ下さい♪

POSTED COMMENT

  1. あっき より:

    初めてとどくよの存在をしりました。

    • トドクヨ より:

      ありがとうございます
      トドクヨでは、旬の果物など産直商品をご紹介しております✨
      生産者様のご紹介なども詳しくご紹介しております

      是非、今後ともよろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。